墨田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(墨田区)―

小笠原 庸治 院長/小笠原歯科医院(錦糸町駅・歯科)の院長紹介ページ

小笠原 庸治 院長

YOUJI OGASAWARA

何でお困りですか?歯科医院に何をお求めですか?患者さんと共に治療を考えていく

東京歯科大学を卒業後、東京都養育院付属病院(現:東京都健康長寿医療センター)に勤務。その後父の医院を手伝い、1989年JR総武線・東京メトロ半蔵門線錦糸町駅の開院。今に至る

小笠原 庸治 院長

小笠原 庸治 院長

小笠原歯科医院

墨田区/江東橋/錦糸町駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

祖父から父へ、父から私へ、受け継がれた地域医療への道

小笠原 庸治 院長

私は歯医者の三代目になります。おじいさんが茨城で始めて、父が埼玉で引き継ぎ、それを今度は私が東京で引き継いだという形です。場所はみんな、変わっていってるのですが・・・(笑)。
成元年に開業した小笠原歯科医院は地域の皆様に支えられ今年で24年目を迎えます。

身近に父という存在がいたということもあって他の職業に比べればイメージもしやすいし、馴染みがあったことからこの道を選んだものと考えています。それに、歯医者さんという職種は自分が思うように仕事が出来るんじゃないかという考えもありました。無論、患者さんのご希望が前提となりますが、仕事の方向性を自分で決めるという意味においてはそうですよね。
東京歯科大学を卒業後、東京都養育院付属病院(現:東京都健康長寿医療センター)に勤務しました。東京都養育院は、前の前のその前の東京都知事をやられていた美濃部さんがお作りになった老人福祉施設です。そちらの付属病院に5年間勤務したのち、父の医院を手伝い、平成元年に開院しました。

一つ一つの治療を丁寧に確実性のある治療を目指す

小笠原 庸治 院長

再治療に至ることのないよう、確実性のある治療を目指しています。
歯科も医療であることに変わりはなく、一つ一つの治療を確実におこなうとすればそれなりの時間というものが掛かるんです。例えば歯を削って詰め物を入れるにしても、充分に消毒が行き渡ってないと虫歯を再発させてしまう可能性があります。逆に言えばキチンと消毒がおこなわれていれば、そうは簡単に再発を起こすことはないわけです。
歯というものは手をつければつけるほど、悪くなっていくものです。そのことを頭に入れておいて、患者さんに何度も足を運んでいいただくことがないように努めていきたいと考えています。

「本当の原因は何か」ということを念頭にあらゆる角度から鑑別していく

小笠原 庸治 院長

実際の歯の症状と、患者さんが悩み訴える中身とは必ずしも一致するものではありません。仮に患者さんが「この歯が痛い」と仰り、そこに小さな虫歯が見つかったとします。では、その虫歯を削ったからといって痛みが100%取れるかといえば、そうではないんですね。
歯の痛みは噛み合わせや精神的なものから様々なものが考えられます。しかも痛みを感じる神経は脳に伝わる段階で混同することがありますから、患者さんご本人が痛みを鑑別することは容易ではありません。
私は「本当の原因は何か」ということを常に念頭に置き、複数ある可能性を考慮するようにしています。また、その可能性を曖昧にすることなく患者さんご自身にお伝えすることも重要なことだと思っています。
自分がどのような病気にかかっているかを把握してこそ治療に向き合っていけるを思うんですね。自分の病気のプロフェッショナルとなっていただきたいですし、私は専門家として、患者さんとともに歩んでいきたいと考えています。

お口と全身の因果関係から大切な患者さんを守るために尽力する

最近になって歯周病や心臓病、高血圧といった全身疾患に口腔内の病気が関わっていることが広く知られるようになりました。それ自体は非常に良い傾向だと思っていますが、だからといって「悪くなったら治せばいい」という考え方は注意が必要です。治すだけではダメなんですね。管理をして、キチンと良い状態を保ってあげることがお口の、ひいては全身の健康に関わってくるんです。
嚥下性肺炎(えんげせいはいえん)といって、肺炎のおよそ7~8割が口腔内の細菌によって引き起こされることがわかってきています。私は養育院という、言わばお年寄りの病院にいましたから、その時分にお口と全身の関わりについて深く考えるようになりました。これは歯科に限ったことではありませんが、部分だけを診るのではなくて、全身について考えを巡らしておかないといけないんですね。
キチンと噛めて楽しい人生を送っていただけるように、その人にとって一番良かれと思うことをしていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

JR総武線・東京メトロ半蔵門線錦糸町駅近くの歯科・矯正歯科・歯科口腔外科「小笠原歯科医院」です。
当院では患者さんに“見えない”部分に気を配っています。それは如何に清潔な環境をご用意するかということです。治療器具はもちろん、空気、水、全てにおいて患者さんに安心して治療を受けていただけるようにと思っています。

「虫歯だけ治してもらえればいい」ですとか、「痛いところだけ治して」とお考えの方は少なくありません。ですが、先にも申しました通り、歯は治療をするだけでは再発する可能性が高いのです。全身の健康を考えても、ご自分の口の中をご自分で管理していけるようになっていただければと思います。
これは昔から言われていることですが、「健康はお口から」ということなんですね。お口のみならず全身の健康をお考えの方は是非当院をご利用ください。治療のみならず、ご自分で出来る口腔内ケアの仕方を丁寧にアドバイスさせていただいています。

※上記記事は2012年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小笠原 庸治 院長 MEMO

  • 出身地:埼玉県
  • 趣味・特技:写真、スキー
  • 好きな本・愛読書:本さえあればいうことはないです(笑)
  • 好きな映画:SF、娯楽作品
  • 好きな言葉・座右の銘:なるべく真摯であれ
  • 好きな音楽:フォーク、アメリカンポップ/気楽に聴けるもの
  • 好きな場所・観光地:山

グラフで見る『小笠原 庸治 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート