墨田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(墨田区)―

永井 國雄 院長/なりひら橋クリニック(とうきょうスカイツリー駅・内科)の院長紹介ページ

永井 國雄 院長

KUNIO NAGAI

地域の皆様の健康を生涯にわたってお守りしていく

東武伊勢崎線業平橋駅(スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅)近く1992年に内科,胃腸科,リハビリテーション科を標榜する「なりひら橋クリニック」を開業。今に至る。

永井 國雄 院長

永井 國雄 院長

なりひら橋クリニック

墨田区/向島/とうきょうスカイツリー駅

  • ●内科
  • ●リハビリテーション科
  • ●胃腸内科

理工系大学から医学の道へ

永井 國雄 院長

私の高校時代は理工学部が華やかな時代だったので、私自身も理工系の大学に素直に進みまして、卒業後は関西の会社の研究所に勤めていました。転機は29歳の時です。高校時代に医学という道を考えていたのですが、当時は医学部に進む人が周りにいなかったんですよね。それで理工学部に進んだものの、10年後に人生の再設計と言いますか、やり直したい気持ちになりまして、医学部に入り直したんです。35歳で金沢大学の内科医局の高血圧、糖尿病の研究室に入りました。
この時の経験は今でも財産です。高血圧・糖尿病の研究室でたくさんの素敵な患者さんや、素晴らしい先生にお会いすることができましたからね。毎年、金沢に行って昔の仲間と会い、ゴルフをして帰ってくるのが定例なんです(笑)。昔の患者さんからは今でもお手紙がまいります。本当に金沢で良い出会いに恵まれたと思っています。

内科診療からリハビリまで、全身を診る医療

永井 國雄 院長

東武伊勢崎線業平橋駅(スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅)近く、内科,胃腸科,リハビリテーション科を標榜する「なりひら橋クリニック」を開業したのは平成4年です。私の兄が接骨院の仕事をしていまして、たくさんの柔道整復師を抱えていたんです。その兄に「柔整師たちに色々な指導をして欲しい、この土地に戻ってくれ」と頼まれまして、生まれ育った墨田区へ戻ってきました。
「なりひら橋クリニック」を開業してからは自分の専門でもある内科診療を行いつつ、接骨院でも柔整師たちの指導も並行して行っていました。今でも院内にはリハビリの部屋があり、兄の接骨院の柔道整復師たちが手伝いに来てくれるんですよ。整形外科で診断がついていて、なおかつ、もう少しリハビリをしたいという患者さんはうちに治療の一環で来て下さっていますが、柔整師がいることでクリニックの患者さんも喜んでくれています。

じっくりと話を聞くことが、症状の原因を引き出す重要なポイント

永井 國雄 院長

私自身、「医療というのはサービス業の一つである」と考えています。ですから、受付やスタッフにも「患者さんにはいつも笑顔で接して、よく話を聞いてあげてくれ」と言っているんです。私自身も患者さんからじっくりと話を聞きながら診断に結びつく情報を引き出しています。患者さんと同じ目線で、決して患者さんを上から見ないということをモットーとしております。
特長を挙げると、高血圧・糖尿病を専門的に診療できる医院です。また、高血圧・糖尿病の研究をしていた時代に、サブスペシャリティ(二番目の専門)として消化器の研究室にもお世話になっていました。消化器の勉強を色々とさせて頂きましたし、当院開業前にいた横浜の病院では消化器を中心に診ていました。開業当時は内視鏡の部屋を設け、消化器全般を診ていたんですよ。だんだん高血圧・糖尿病の患者さんが増えていらっしゃいましたので、今では上部の消化器官(胃、食道)に特化しています。

症状に合った、適切な医療機関のご提案も大切に

地域の先生方と多く接触して、どの先生がどんな専門を持っているか、どんな病院にどんな特長があるかを把握し、「自分ができないことをすぐに良い先生、良い病院に紹介するか」をキーワードにしています。正直、墨田区内でもかなり紹介状を書いている診療所だと思いますよ(笑)。ですから、患者さんも「先生の専門外かもしれないけど・・・」と、様々な症状で来られます。お話を聞いたうえで、私の専門ではないと思えば、「患者さんに合った先生は誰かな」、「入院ならどこの病院が良いかな」と、より良い先生、病院をご紹介するように心がけています。
各先生の特長を知っているからこそ、患者さんそれぞれに合った先生をご紹介できるんです。よくいうと医療カウンセラー的な役割かな(笑)、「あそこに行けば紹介してもらえる」と患者さんも安心して来てくれるんですよ。

これから受診される患者さんへ

患者さんに伝えたいことは、「できるだけ敷居を低く考えて、何でもいいから近くの先生やクリニックに行ってみて下さい」ということですね。クリニックのスタッフや先生との相性もあるでしょうが、何でも相談してみましょう。その中で病気の早期発見や予防に役立てられることがあるでしょうし、何でも話せるかかりつけの医院を見つけるきっかけになると思います。皆さんにいつでも相談できるかかりつけの医院を見つけて欲しいんです。どこの先生も、患者さんと病院の敷居を取り除いていきたいと思っているはずだから、とにかく相談してみて下さい。

※上記記事は2012年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

永井 國雄 院長 MEMO

神経内科専門医 / 循環器専門医 / レーザー専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ゴルフ、愛犬とのひととき
  • 好きな本・愛読書:日経新聞、歴史書
  • 好きな映画:話題になった映画
  • 好きな言葉・座右の銘:素敵な出会い、一期一会
  • 好きな音楽・アーティスト:60年代音楽、井上陽水、中島みゆき、さだまさし
  • 好きな場所・観光地:空気が美味しい所(金沢、ヨーロッパなど)

グラフで見る『永井 國雄 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート