墨田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(墨田区)―

金子 俊之 院長/とうきょうスカイツリー駅前内科(とうきょうスカイツリー駅・内科)の院長紹介ページ

金子 俊之 院長

TOSHIYUKI KANEKO

関節リウマチや膠原病の治療・研究に従事した経験から、ベストな治療法をご提案。

金沢医科大学医学部に学び、卒業後は順天堂大学医学部附属順天堂医院のリウマチ膠原病内科に在籍。その後大学院に進み博士号を取得。医師になって10年という節目の2016年『とうきょうスカイツリー駅前内科』を開設。

金子 俊之 院長

金子 俊之 院長

とうきょうスカイツリー駅前内科

墨田区/向島/とうきょうスカイツリー駅

  • ●内科
  • ●リウマチ科
  • ●アレルギー科

患者さんとじっくりと向き合い、一人ひとりに寄り添った診療を提供したい

金子 俊之 院長

私が医師を志したのは、医療関係の仕事をしていた父の影響があったように思います。医師になりたかったであろう父の想いを叶えたいという気持ち、何か人の役に立つ仕事に就きたいという考えがあり、金沢医科大学医学部に学びました。大学の授業では、免疫やアレルギーの関連領域に興味を持ったこともあり、卒業後は順天堂大学医学部附属順天堂医院のリウマチ膠原病内科に在籍して研鑽を積むほか、大学院に進んで博士号を取得しました。大学病院での診療と最先端医療の研究を両立する日々は充実したものでしたが、次第に、もっと患者さんとじっくりと向き合って一人ひとりに寄り添った診療をしたいと考えるようになりました。そして、医師になって10年という節目の2016年、『とうきょうスカイツリー駅前内科』を開設しました。

リウマチ専門医として、痛みや辛さの原因を徹底的に追求

金子 俊之 院長

当院は、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」から徒歩2分、東武・都営・東京メトロ・京成線が乗り入れる「押上駅」からも徒歩圏内の場所にあります。当院では、日本リウマチ学会認定・リウマチ専門医である私が、一般内科のほか、関節リウマチ、膠原病など専門性の高い診療を行っています。患者さんが医療機関を受診するということは、体のどこかに不調があったり、不安な気持ちがあるはずですよね。とくに関節リウマチの患者さんにとっては、計り知れない痛みや辛さがあることでしょう。沈みがちな気持ちを抱えて来院される患者さんに、すこしでもリラックスしてお過ごしいただけるよう、院内は明るく開放感のある雰囲気に。「ホテルのように」とはいかないまでも、居心地のよい環境を整え、なるべくお待たせすることのないスムーズな診療を心がけています。明るいスタッフがいつも笑顔でお迎えいたしますので、どんなことでもお気軽にご相談いただきたいと思います。

あらゆる可能性を排除せず、さまざまな治療法を実践

金子 俊之 院長

当院では、地域の皆様のホームドクターとして、風邪をはじめとした感染症から生活習慣病など、広く内科全般に対応しています。とりわけ、大学時代から長きにわたり診療と研究を続けてきた膠原病、また専門医の資格を有する関節リウマチについては、これまでに培った経験と知識をもって、お役に立てることがあるかと思います。かつて不治の病といわれた関節リウマチの治療は、生物学的製剤の開発などによって近年劇的に進化し、早期からの適切な治療によって、薬を必要とせずに普通の生活に戻れるケースも増えてきました。当院ではあらゆる可能性を排除せず、さまざまな治療法を実践していますが、大きな特長として、この生物学的製剤を扱っているという点が挙げられます。私は現在週一回、大学病院のリウマチ外来担当をしていますが、以前、十数年にわたって関節リウマチに苦しんでいた入院患者さんを担当したことがありました。あるとき生物学的製剤を投与し、翌朝にベッドサイドを訪れると、その患者さんが涙を流していらしたんです。毎朝、奇跡が起きることを期待してきたけれど、その願いがようやく叶ったと。これまで苦しんできた手の痛みが、すっかり消え去ったと言って、それはそれは喜んでくださったんです。こうした患者さんの喜びを自分のものとして、感謝の言葉を励みにしながら、より良い医療でお応えしたいと思っています。

適切な治療と診断でベストなプランをご提案

診療の際には、しっかりと患者さんの目をみてお話をするようにしています。たとえどのような症状であっても、正しい診断のもとに適切な治療を行うことが大切。とくに、関節リウマチの治療はリスクを伴うものであり、その診断については、より正確性が求められるものです。幸い当院では、体への負担がほとんどない関節超音波検査によって、関節の炎症をリアルタイムに確認することが可能です。さらに、血液検査の結果やレントゲン画像などを照らしあわせ、実際に患者さんに触れて、患部の状態を慎重に診察します。リウマチ専門医として多くの症例を手がけてきた私でも、正確な診断を得るプロセスには、いつも難しさを感じるものです。ですから、大学病院の外来を担当するなかで最新の技術や情報を吸収するなど自己研鑽に励み、皆様により質の高い医療をご提供していきたいと考えています。もちろん、より高度な加療が必要な患者さんには大学病院などをご紹介いたしますし、セカンドオピニオンにも喜んで対応いたします。治療を進めるにあたっては、そのメリットやデメリットを丁寧にご説明し、話し合い、その方にとってベストな方法をご一緒に考えたいと思います。

これから受診される患者さんへ

私は地域の皆様の「かかりつけ医」として、正確な診断と適切な治療、一人ひとりに寄り添った診療を心がけ、末永くお付き合いをさせていただきたいと思っています。関節リウマチや膠原病に限らず、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病の管理、各種健診などを通して、皆様の健康づくりのお手伝いをさせていただきますので、どんなにささいなことでもお気軽にご相談ください。

※上記記事は2016年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

金子 俊之 院長 MEMO

リウマチ専門医 / 小児科系

  • 出身地:東京都
  • 趣味:サーフィン
  • 好きな本・愛読書:脳科学、サイトカインに関する書籍
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 好きな言葉・座右の銘:真面目に、丁寧に
  • 好きな音楽:クラシック、J-POP
  • 好きな観光地:バリ島

グラフで見る『金子 俊之 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート